PR

地方 地方

九州沖縄3税関が初の洋上訓練

Messenger

 洋上取引による覚醒剤や金塊の密輸入事件の発生を受け、門司と長崎、沖縄地区の3税関は、海上で積み荷を移し替える「瀬取り」による密輸を監視艇を使って阻止する合同訓練を長崎市沖で行った。九州、沖縄の3税関が合同で洋上訓練するのは初めてという。

 博多港方面に向かう外国船に覚醒剤が積まれている疑いがあると想定した訓練は、45人が参加し約1時間行われた。

 外国船に見立てた船が、長崎税関、沖縄地区税関の監視艇計2隻から追跡を受け、海上に不審物としてポリタンクを投げ込むと、漁船が回収。門司税関の監視艇を加えた3隻で漁船を追いながら停船を呼び掛け、包囲し終了した。

 指揮した長崎税関の迫田健児統括監視官は「管轄を越えた連携を確認できた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ