PR

地方 地方

「来年こそ日本一に」 ライオンズ監督ら埼玉県知事に誓う

Messenger

 埼玉西武ライオンズの居郷肇社長と辻発彦監督が4日、県庁の上田清司知事を表敬訪問し、パ・リーグのリーグ優勝を報告した。居郷社長は「来シーズンは日本一を目指したいと思いますのでご声援の方、よろしくお願いします」とあいさつした。

 埼玉西武は10年ぶりにリーグ優勝したものの、クライマックスシリーズ・ファイナルステージで敗れ、日本シリーズに出場できなかった。上田知事は「短期決戦は投手力が重要。来シーズンは投手力を強化して安定的に勝てるチームにしてほしい」と激励した。

 来シーズンは浅村栄斗内野手が楽天、炭谷銀仁朗捕手が巨人にフリーエージェント(FA)で移籍。菊池雄星投手もポスティングシステムでメジャーに挑戦し、戦力ダウンが予想される。辻監督は記者団に「若い選手にチャンスがあり、成長してほしい。来シーズンは違った西武をみせたい」と飛躍を誓った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ