PR

地方 地方

登録ミスで国体出場できず 山形県レスリング代表

Messenger

 福井県を中心に開催された「福井しあわせ元気国体2018」で、山形県レスリング協会の事務局長が登録を誤ったため県代表選手が出場できなかったとして、協会は臨時理事会で事務局長の解任を決めた。

 山形市内で開催された臨時理事会後の記者会見で安達敏美会長が「記載ミスで選手、家族に迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げる」と謝罪。再発防止策として複数人で名簿をチェックすることを確認したという。

 同協会では、国体出場に必要な選手名簿の作成を事務局長が1人で担当しており、記載の間違いに気付かないまま県体育協会に提出。選手1人が出場できなくなったほか、別の2選手も本来と異なる階級や種目で出場せざるを得なくなった。

 安達会長は辞表を提出したが「組織を立て直すことで責任を果たすべきだ」として、不受理となっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ