PR

地方 地方

【かながわ美の手帖】カスヤの森現代美術館「今、神話が語るもの-人類の終末と復活の神話-」展

Messenger

 企画展の開催にあたり、シッパーは「文化や芸術、科学が、戦争よりもずっとコストがかからないということを、私たちは歴史からそろそろ学ぶべきだ」というメッセージを寄せている。=敬称略(外崎晃彦)

                   

 企画展「今、神話が語るもの-人類の終末と復活の神話-」は、カスヤの森現代美術館(横須賀市平作7の12の13)で23日まで。午前10時から午後6時(入館は午後5時半まで)。月、火、水曜日休館。2日は正午まで。観覧料は一般600円ほか。問い合わせは同館(046・852・3030)。

 やまぐち・ゆりこ 造形作家、画家。昭和23(1948)年、日本で生まれ、その後、渡米。50(75)年にカリフォルニア大学で学士、54(79)年にメリーランド州立大学で造形芸術の修士号を取得。現在も米国を拠点に活動している。

                   

【プロフィル】ミネケ・シッパー

 オランダの異文化間文学研究者、作家。昭和13(1938)年生まれ。ナイジェリア、ケニアなどの大学の客員教授を経て、中国社会科学院に在籍。著作に『なぜ神々は人間をつくったのか-創造神話1500が語る人間の誕生』など。

●=肩の月が斗

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ