PR

地方 地方

目指せ「なでしこ」 山梨県内初の社会人女子、FCふじざくら発足

Messenger
「FCふじざくら」の発足会見に臨む(左から)五十嵐雅彦GM補佐、志村和也代表理事、金子智弘GM=27日、山梨県鳴沢村(昌林龍一撮影)
「FCふじざくら」の発足会見に臨む(左から)五十嵐雅彦GM補佐、志村和也代表理事、金子智弘GM=27日、山梨県鳴沢村(昌林龍一撮影)

 県内初となる社会人の女子サッカーチーム「FCふじざくら」の発足会見が27日、富士緑の休暇村(鳴沢村)で開かれた。運営母体の富士観光開発(富士河口湖町船津)が、選手を正社員として雇用し、引退後も含め安定した生活環境を提供。サッカーに取り組めるようにする。チームは来年、大学などのチームが加盟する「山梨県女子サッカーリーグ」の2部に加わり、2025年には「なでしこリーグ」1部入りを目指す。(昌林龍一)

                   

 チームは今後、社会人リーグ経験者や卒業予定の高校生らを対象に選手の募集を行い、来年2月までに体制を固める。監督は同リーグの指揮経験者を軸に、調整中という。人工芝ピッチが2面ある富士緑の休暇村を拠点にするという。

 志村和也代表理事(富士観光開発社長)は会見で、「スポーツで地域を、女性アスリートのキャリア支援で雇用を活性化させたい」と発足への思いを述べた。

 金子智弘ゼネラルマネジャー(GM)も「世界でも活躍する“プレイングワーカー”を育てる。スポーツ界のキャリア形成の新しい道しるべを作る」と意欲を語った。

 金子GMは「2025年までに女子サッカー界トップの『なでしこリーグ』1部入りを目指す。山梨県のチームから初の日本代表メンバーが選出され、五輪に出場する選手を輩出したい」と目標を示した。

 今後、チーム名「ふじざくら」に合わせ、フジザクラのピンク色と富士山のブルーをイメージしたエンブレムを作成するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ