PR

地方 地方

山梨県民債10億円を公募 調達資金で新設学校建設

Messenger

 県は「富士の国やまなし県民債」を公募する。募集期間は来月3~18日、発行額10億円で5年償還。購入者の県政への参画意識を高める目的で、4回目の発行となる。

 金利は30日、前日の5年もの国債を参考に設定。県内金融機関が扱い、1万円単位、1万~3千万円で購入できる。

 調達資金は新設学校の建設の一部に充てる。対象校は平成32年度に市川、増穂商、峡南の3高校を統合して新設する高校(市川三郷町市川大門)▽31年度に移転・新設する「やまびこ支援学校」(大月市猿橋町桂台)▽32年度開校の甲府工業高専攻科棟(甲府市塩部)。

 県財政課によると、初年度の27年度の調達資金は、「富士山世界遺産センター」(富士河口湖町船津)の建設費、28年度は「わかば支援学校」(南アルプス市有野)の改修などに使った。29年度は県防災ヘリコプターの後継機導入資金として調達。最短の6日間で完売したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ