PR

地方 地方

介護保険課職員が事務処理126件放置 藤沢

Messenger

 藤沢市は、介護保険課の男性職員(37)が126件の事務処理業務を怠り、放置していたと発表した。

 市によると、交通事故などで要介護認定などを受けた人が介護保険を利用する場合、保険者である市はサービス費用を給付したうえで調査を行い、市から委託された県国保連合会が過失割合に応じた金額を加害者側に請求している。その調査などの業務を担当職員は平成26年度から一部しか行わず、大半を放置していた。

 県国保連合会からの問い合わせが相次いだことで発覚した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ