PR

地方 地方

京都・舞鶴の冬の夜彩る 学生ら製作のイルミネーション点灯

Messenger
舞鶴高専の学生や舞鶴市立若浦中学の生徒らが製作したイルミネーション=舞鶴市浜
舞鶴高専の学生や舞鶴市立若浦中学の生徒らが製作したイルミネーション=舞鶴市浜

 JR東舞鶴駅(舞鶴市浜)、西舞鶴駅(同市伊佐津)の駅前広場で20日、イルミネーションの点灯が始まった。東舞鶴駅北口では、製作を担当した舞鶴工業高等専門学校の学生らが参加して点灯式が行われた。点灯は午後5時~午前0時で、来年2月20日まで冬の夜を彩る。

 同市が平成10年から点灯しており、26年から東舞鶴駅は舞鶴高専、27年から西舞鶴駅はポリテクカレッジ京都の学生が製作を担当。官学協同で、冬のにぎわいづくりに取り組んでいる。

 東舞鶴駅北口では、舞鶴高専の学生が「みんなで操れ!カラフルイルミネーション」をテーマに、LED(発光ダイオード)計約5万個を使ったイルミネーションを点灯。一部の製作には、同市立若浦中学校3年生13人も参加した。鍵盤をたたくと連動して、光が変化するイルミネーションも設置されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ