PR

地方 地方

【今こそ知りたい幕末明治】時代を拓いた起業家たち

Messenger

 明治5(1872)年、換替座三井組(三井住友銀行)の出張店が、下関に設置された。下関では最初の近代的な企業であった。また、明治13(1880)年には、第百十国立銀行(山口銀行の前身)の本店が、山口(山口市)から移設された。

 地元(下関)資本による金融機関が設立されたのは、その1年前のことである。明治12(1879)年に、旧長府藩士の金禄公債証書をもとにした豊永組(銀行類似会社)が設立されている。

 設置者は、旧長府藩士で、坂本龍馬とも親交があった豊永長吉(印藤聿)であった。豊永は、民営の無機総合化学会社の嚆矢(こうし)となる日本舎密製造株式会社(日産化学工業株式会社の前身)も、明治22(1889)年に設立。このほかにも多くの会社を設立した、下関屈指の起業家であった。

 なお、日本舎密の本社は、当初下関に置かれていたが、明治31(1898)年に小野田(山陽小野田市)に移転している。

 また、明治29(1896)年には、株式会社馬関商業銀行が設立された。同行の資本金は、当初10万円を予定していたが、出資希望者が予想以上に多く、30万円にしたという。

 山口県下における当時の資本金額第1位は、第百十国立銀行で、60万円。第2位は、日本舎密製造で46万5千円。馬関商業銀行は、それに次ぐ第3位であった。

 馬関商業銀行の頭取には、工部卿などを歴任した山尾庸三の実弟、松尾寅三が就任した。松尾は、下関で紙問屋を営みながら、近代企業の起業家としても活躍した。同年には、山口県初の電灯会社である馬関電灯株式会社も設立している。

 現在も、唐戸(下関市)と門司港(北九州市)間を船で結んでいる関門汽船株式会社が設立されたのも、同年のことであった。

 同社の設立・運営に深く関わったのが、土井重吉である。土井は、厚狭郡生田村(山陽小野田市)の出身で、下関の老舗呉服問屋の養子に入り、その後、家業を継承。同時に起業家としての頭角を現した。土井は、前述の馬関商業銀行における最大の出資者でもあった。

 明治30(1897)年には、丸尾煉瓦製造や、馬関煙草、馬関糖業委託、売薬卸売といった株式会社に加え、下ノ関醤油醸造や、川卯組合(代弁業運送業)などの合資会社も設立されている。明治29~30年にかけての下関は、まさに近代企業の第1次勃興期であった。

 明治34(1901)年には、山陽鉄道が全線開通し、馬関駅が営業を開始。同38年には、下関と韓国釜山を結ぶ関釜連絡船が就航した。大陸への玄関口となった下関では、企業の設立に拍車がかかった。

 船舶修理業、倉庫業、石炭採掘業、同販売業、ガス製造業など業種も多岐に及んだ。

 維新からわずか30年。飛躍的に近代化が進む中で、北前船を初めとする諸国廻船は姿を消し、そこに商利を求めていた下関の旧来の産業は衰退した。しかし、起業家たちは、新時代を智恵と勇気で切り拓いていった。彼らに称賛の辞を送りたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ