PR

地方 地方

福岡市長選で3選・高島宗一郎氏、宿泊税「単独課税が望ましい」

市長選から一夜明け、産経新聞のインタビューに応じる福岡市の高島宗一郎市長=福岡市中央区
Messenger

 福岡市長選で3選を果たした高島宗一郎氏(44)=自民支持=は当選から一夜明けた19日、福岡市役所で産経新聞などのインタビューに応じた。高島氏は導入に向け福岡県との綱引きが続く宿泊税に関し「福岡市が単独で(課税)するのが最も望ましい」と述べ、県との二重課税に否定的な考えを示した。過去最多得票での当選には「市がチャレンジしたことを評価いただいた。今の福岡市政の方針を着実に進めていきたい」と3期目の市政運営に自信をのぞかせた。(中村雅和)

 宿泊税をめぐっては、県の小川洋知事が課税額によっては市との二重課税を容認する姿勢を示している。これに対し高島氏は「望ましい事例ではない。基礎自治体がやるというものに関しては基礎自治体がやっていくものだ」と述べ、県との実務者協議を進めていく考えを示した。

 今回市長選の投票率は、現職と共産党系候補の一騎打ちという構図も影響し、31・42%と過去最低だった。一方で、高島氏の得票数は前回平成26年の市長選から約3万票上積みし、28万5435票と過去最高を更新した。高島氏は「ほっとした。ただ、満足することなくチャレンジしていきたい」と力を込めた。

 高島氏が、市民の負託とともに施策推進の原動力としたいのが政権中枢との強いパイプだ。

 18日夜、当選確実の一報が入り福岡市中央区の選挙事務所で万歳をする高島氏の隣には後見役の麻生太郎副総理兼財務相の姿があった。万歳の最中には高島氏のスマートフォンに安倍晋三首相から着信があった。

 万歳後、安倍首相に折り返し電話をかけた高島氏は、自民党本部が投開票日3日前に支持を決定したことに触れ、「突然で、びっくりしました。ありがとうございました」と謝辞を伝えた。安倍首相は「当然です」と応じたという。

 今回の選挙戦で高島氏は、市内全144小学校区を遊説して回り、市民の生の声を吸い上げようと努めた。「普段の公務では出会うのが難しい皆さんの声を聞く機会をつくれ、政治家として大きな糧になった」と振り返る。

 今後4年間、福岡市のかじ取りを担うことになった高島氏。高齢化や子育て支援、都市の再開発など課題は山積している。高島氏は「自治体同士や国との連携を強め、1つでも生活が良くなったという事例を作っていく」と意欲を見せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ