PR

地方 地方

水戸市の姉妹都市などから特産品一堂 京成百貨店で物産展

Messenger

 水戸市は、京成百貨店7階催事場(同市泉町)で「明治維新150年記念 姉妹・親善都市と交流都市の観光と物産展」を15日から開催している。歴史的に深いつながりのある親善都市の滋賀県彦根市、高松市との交流などを目的に、毎年各市の持ち回りで開かれている。20日まで。

 今年は姉妹都市の福井県敦賀市や、北関東中核都市連携会議加盟市の宇都宮市、前橋市なども加わり、各市の優れた特産品が一堂に集まった。

 開会式典には各市のご当地キャラクターも集まり、水戸市の高橋靖市長や敦賀市の渕上隆信市長らが物産展の開催を祝った。高橋市長は「自慢の味が勢ぞろいした。都市の交流を通して親睦を深め、発展につなげたい」とあいさつした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ