PR

地方 地方

相沢・元桐生市議が県議選に出馬表明

Messenger

 来年4月の統一地方選で、元桐生市議の相沢崇文氏(42)が15日、県議選桐生市区(定数3)に立候補する意向を表明した。桐生市役所で会見し、「広い視野を持って、このまちの閉塞(へいそく)感や課題を解決することが重要だ」と強調。今後、自民党公認を目指すという。

 相沢氏は「個性がもっと輝くまちを実現する」との公約を提示。「現状の産業を振興しながら、次世代の産業の振興にも注力できる環境づくりを進めたい」とした。桐生、みどり両市の合併については、「チャンスがあれば頑張りたい」と意欲を見せた。

 相沢氏は平成15年の桐生市議選から連続3回当選し、25年から26年まで議長を務めた。27年の県議選桐生市区に出馬表明したが、方針転換して桐生市長選に立候補し、落選した。

 桐生市区では、自民現職の荒木恵司氏(60)が今月5日、来年4月の統一地方選で行われる桐生市長選に出馬する意向を表明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ