PR

地方 地方

赤羽駅、発車メロにエレカシ 「今宵の月のように」など

JR赤羽駅の発車メロディの変更に合わせて作成されたポスター。エレファントカシマシのメンバーたちが描かれている(北区提供)
Messenger

 JR赤羽駅(北区赤羽)の発車メロディーが16日から、区とゆかりの深い4人組ロックバンド「エレファントカシマシ」の曲に変更される。5番線ホーム(池袋、新宿、横浜、大船方面)で「俺たちの明日」、6番線ホーム(大宮、宇都宮、高崎方面)で「今宵(こよい)の月のように」のメロディーを聞くことができる。

 北区が取り組むシティプロモーション事業の一環。エレファントカシマシは、メンバー4人のうち3人が赤羽出身で、CDのジャケット写真などにも赤羽の街の風景が使われている。

 メロディーの変更に合わせ、漫画「東京都北区赤羽」などで知られる地元在住の漫画家、清野とおるさんがイラストを手掛けたポスターも作成。5種類あって、エレファントカシマシのメンバーや荒川の河川敷の風景などが描かれており、赤羽駅や地元の商店街などに順次貼り出される。

 エレファントカシマシのボーカル、宮本浩次(ひろじ)さんは「古里赤羽駅の発車メロディーにぼくらの曲が使われる、これはもう信じられないような、でも誇らしく、うれしく何かあったかい気持ちになります。本当にありがとうございます」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ