PR

地方 地方

「水木しげる 魂の漫画展」来場者3万人を突破 京都

Messenger
「水木しげる 魂の漫画展」内覧会で作品を熱心に見る招待客ら=京都市下京区(寺口純平撮影)
「水木しげる 魂の漫画展」内覧会で作品を熱心に見る招待客ら=京都市下京区(寺口純平撮影)

 龍谷大学龍谷ミュージアム(京都市下京区)で開催中の秋季特別展「水木しげる 魂の漫画展」(産経新聞社など主催)の来場者が13日、3万人を突破し、記念式典が行われた。

 3万人目となったのは兵庫県在住の会社員、大西沙季さん。同館の木田知生顧問から記念品が贈られた。

 同展では戦争で片腕を失いながら、93年間の生涯を通して描いた妖怪漫画、短編や戦記物の直筆原画のほか、少年期に描いた貴重なスケッチなど約300点を紹介。会期半ばに一部作品を入れ替え、京都会場限定の仏教世界にまつわる直筆原画「常世国(とこよのくに)」「八大地獄の光景」などが新たに公開された。

 最終日(11月25日)まで休館日なし。午前10時~午後5時。水、木曜は午後7時まで延長する。一般1200円、高校・大学生800円、小中学生400円。問い合わせは同館(075・351・2500)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ