PR

地方 地方

山形県長井市長選が告示 現新の一騎打ちに

Messenger

 任期満了に伴う山形県長井市長選が11日告示され、無所属で4選を目指す現職の内谷重治氏(62)=自公推薦=と、共産公認の元党県委員長の新人、今泉義憲氏(85)の2人が立候補し、現新の一騎打ちとなった。

 内谷氏は、財政再建と道の駅整備など3期12年の実績をアピール。市役所と長井駅の一体整備と、民間活力の支援で中心市街地を活性化し魅力あるにぎわいづくりをすると主張する。一方、今泉氏は、新市庁舎の建設予定地は使い勝手が悪く、企業所有地に建設する方が中心市街地の活性化につながるとし、18歳までの医療費無料化や特別養護老人ホームの建設を主張している。

 投票は18日に行われ、即日開票される。10日現在の選挙人名簿登録者数は2万2966人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ