PR

地方 地方

ダム放流時の水位予測公表 神奈川県方針 緊急時の避難迅速化

Messenger

 豪雨災害が頻発するなか、県は今年度中にダムの放流に伴う河川水位の予測をホームページを通じて公表する方針を固めた。今年7月の西日本豪雨で愛媛県内のダムが緊急放流を実施し、住民が逃げ遅れたことを踏まえたもので、住民に情報提供を行って、迅速な避難行動につなげるのが目的だ。

 黒岩祐治知事は「住民への有効な情報提供のあり方を検証し、関係市町と危機感を共有していく」としている。

 県が管理する相模川水系の城山ダム(相模原市緑区)と酒匂(さかわ)川水系の三保ダム(山北町)は上流の増水を受け止め、下流の浸水被害の軽減を図る治水目的で設置されている。記録的な豪雨で上流の増水が受け止められなくなった場合は、ダムからの緊急放流を行うことになっている。

 県によると、緊急放流の際は関係市町を通じて、住民への情報伝達を行っており、県も雨量水位情報として、基準水位観測所のカメラ画像とともに、雨量と水位をホームページに掲載していた。しかし、水位の予測は住民に知らされておらず、「危機感の共有に課題が残る」(担当者)のが現状だ。

 県は今後、緊急放流の前後3時間の水位実績と予測をホームページで新たに公表することで、住民の自主的な早期避難につなげたい考えだ。黒岩知事は「ダムの緊急放流は下流の浸水被害につながる恐れがある。確実な情報提供で住民の避難を促したい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ