PR

地方 地方

しなの鉄道、15日から運行旅行者拡大へ人気の「台湾カラー」再現

しなの鉄道が塗装を再現する台湾鉄路管理局の電車EMU100(しなの鉄道提供)
Messenger

 県などが出資する第三セクター、しなの鉄道は9日、台湾で人気を呼んだ名物電車の黄色とオレンジ色の派手な塗装を再現した電車を15日から運行することを明らかにした。この塗装で約3年間運転し、快速や普通列車に使う。運行開始を記念し、12月1日に軽井沢と上田駅間で臨時列車が往復する。

 台湾鉄路管理局は今後、しなの鉄道の赤とグレーの塗装を再現した車両を現地の路線で走らせる方針。ただ、10月の特急列車脱線事故の対応を優先しており、開始時期は現時点で未定という。

 しなの鉄道と台湾鉄路管理局が結ぶ友好協定の一環。しなの鉄道に在籍する車両115系が主に国鉄時代の昭和53年に製造されたため、1編成(3両)に台湾で同じ年に登場した名物電車EMU100の塗装を施す。

 車両の正面は黄色とオレンジ色で、前方の人に電車の接近を警戒させるため派手にしたとされる。側面は、茶色などの落ち着いた色合いが特色だ。EMU100は特急に相当する高速列車に使われ、定期営業運転を終えている。

 しなの鉄道と台湾鉄路管理局は今年3月、双方に同名の田中駅があるのをきっかけに友好協定を結び、相互の旅行者拡大に向けて連携している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ