PR

地方 地方

無免許で消防車運転 横浜・金沢消防署

Messenger

 横浜市は、金沢消防署の40代の男性消防士長が計20回、無免許で消防車を運転していたと発表した。10月14日に運転免許証の有効期限が切れていたが、消防士長は今月1日まで気付かなかったという。

 金沢消防署によると、消防士長は失効に気付いた1日に運転免許証を再取得し、3日に上司に報告した。「毎朝実施する点検で有効期限を確認していなかった。確認が不十分だった」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ