PR

地方 地方

西日本FH、中間期は減収増益

Messenger

 西日本フィナンシャルホールディングス(FH)は8日、平成30年9月中間連結決算を発表した。一般企業の売上高にあたる経常収益は、前年同期比1・8%減の709億円、最終利益は2・5%増の127億円の減収増益だった。

 貸出利息収入は423億円で、10年ぶりに前年同期を上回った。また、銀行本業のもうけを示すコア業務純益は199億円で、同6千万円増加した。

 通期の連結業績予想は、経常収益は15億円減の1430億円と下方修正したが、1月に新設した業務革新室でのコスト削減策が奏功し、最終利益は15億円増の235億円とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ