PR

地方 地方

五輪中の交通量分散、知事「首都圏一体で」 九都県市首脳会議で提案

Messenger

 小池百合子知事は7日、首都圏1都3県の知事と政令市長で構成する九都県市首脳会議に出席し、2020年東京五輪・パラリンピック開催期間中の交通量を分散・緩和して大会運営を円滑にする交通需要マネジメント(TDM)を首都圏が一体となって取り組むことを提案した。

 小池氏は会議で、「対策を講じなければ大会運営だけでなく市民生活や経済活動にも支障が出る」とTDMの重要性を訴え、各知事・市長が提案に賛成した。都が今後、大会時の混雑予想について、積極的に各自治体に情報提供を行う。都を含めた各自治体は地域の経済団体などを通して、企業などにTDMへの参加を呼びかける。

 小池氏は会議終了後、報道陣に「会場が首都圏各地に広がっている。それぞれ協力して進めることで一致したことはありがたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ