PR

地方 地方

綾戸バイパス建設迅速化へ渋川市などが期成同盟設立

Messenger

 渋川市上白井から沼田市岩本町に至る国道17号の「綾戸地区」で計画されているバイパス建設事業の迅速化を目指す「国道17号綾戸バイパス建設促進期成同盟会」の設立総会が5日、渋川市役所で開催され、渋川、沼田、昭和の3市村長や関係者らが参加した。

 綾戸地区は、利根川に沿った急峻(きゅうしゅん)な地形のため、落石などの自然災害が48年間で60回を超えていた。見通しの悪いカーブやトンネル内では、正面衝突などの交通事故も多発している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ