PR

地方 地方

「共生」実現のヒント探る 相模原殺傷事件を受け研修で「福祉の語り部」目指す

研修会で「共生」社会実現へのキーワードを書き出して議論する参加者=10月17日、埼玉県秩父市
Messenger

 「共生社会って何だろう」「多様性を認めるとは」-。平成28年に起きた相模原市の障害者施設殺傷事件を受けて、福祉施設の職員がこんな問いに向き合う研修会が始まった。参加者は誰もが等しく尊重される社会のありようを探り、職場や地域に自らの言葉で伝える「福祉支援語り部」となることを目指す。研修会は10月に埼玉県で実施された。今後も各地で開かれる。

 10月17、18両日に同県秩父市であった研修会。NPO法人「ハイテンション」代表で、障害者が中心のロックバンドを結成している、かしわ哲さんが基調講演し、「一人一人の顔が見えてくると、個性的で楽しくてたまらない。コミュニケーションが取りづらいとか全然関係なく、みんながいとおしくなる」と活動を紹介した。

 ◆個と個のつながり

 19人もの障害者が殺害された相模原市の事件。起訴された植松聖(さとし)被告(28)は襲撃した施設の元職員だった。かしわさんは、自分が体験したような出会いがあれば、障害者を否定するような考え方にはならなかったはずだ、と指摘。「障害者」「高齢者」など集団や塊で人を判断することが差別意識の根底にあると訴え、「個と個」のつながりの大切さを強調した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ