PR

地方 地方

横浜の無免許死亡事故で嘘教唆の弁護士起訴

Messenger

 無免許運転で死亡事故を起こした男に、車の所有者への捜査が及ばないよう虚偽の供述をさせたとして、横浜地検は、犯人隠避教唆の罪で第二東京弁護士会に所属する弁護士、江口大和容疑者(32)を起訴した。認否は明らかにしていない。

 また、車の所有者で建築関係会社の役員、小林太紀容疑者(26)を犯人隠避教唆の罪で、元従業員で無免許運転をしていた無職、佐藤考哉容疑者(22)を犯人隠避の罪でそれぞれ起訴した。

 事故は平成28年5月12日、横浜市泉区で佐藤被告が運転する車が電柱に衝突し、同乗の男性が死亡した。

 起訴状によると、無免許と知りながら運転させていた小林被告の刑事責任を免れさせるため、小林被告と江口被告は共謀し、「勝手に乗用車を持ち出した」と警察官に嘘を言うよう佐藤被告に依頼し、佐藤被告は虚偽の供述をしたとしている。

 地検によると、小林被告は日常的に佐藤被告に無免許運転をさせていた。発覚しないよう依頼された江口被告が虚偽の話を作ったとみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ