PR

地方 地方

いじめ問題 北杜市教育長が謝罪 第三者委人選は示さず

Messenger

 通知では、子供が自殺を図ったり、家族の申し立てがあったなどの場合、「重大事態として調査しなければならない」とした国の指針の徹底を求めた。

 さらに、市町村が努力義務で策定する「地方いじめ防止基本方針」の早期策定・改訂や、重大事態を調査する「第三者委員会」の委員の人選など事前準備を進めることも通知した。

 県教委の通知は、重大事態にあたるいじめへの対応が遅れた北杜市教委の問題を受けて行われた。

 市立中学校の女子生徒が昨年11月、いじめを理由として自殺未遂後、今年1月もいじめを受け、学校や市教委が重大事態と認識しながらも、生徒の保護者が第三者委の設置を求めるまで対応しなかった。

 さらに、委員の人選で家族と折り合わず、同委は一度も開かれていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ