PR

地方 地方

国際医療福祉大グループ「那須マロニエホテル」完成

Messenger

 国際医療福祉大グループが同大学病院(那須塩原市井口)の隣接地に整備を進めていた「那須マロニエホテル」が完成した。

 同大成田キャンパスに医学部が開設されたことで、同病院が臨床実習先となることから教員や学生の宿泊施設として整備した。鉄骨5階建てで、2~5階に客室113室があり、1階に天然温泉の大浴場とレストラン、会議室を備える。病院患者の家族や一般宿泊客も受け入れる。バリアフリーの障害者専用の部屋(ユニバーサルルーム)など福祉面にも配慮。部屋も広めの設計で、全室にフリーWi-Fiを完備している。

 10月27日に内覧会と祝賀会が開かれ、祝賀会には約160人が出席。同大の高木邦格(くにのり)理事長は「学生が勉強できるスペースを設け、標準的なビジネスホテルより広く、温泉もある」とアピールした。

 同大グループでは同病院敷地内に4月、研究棟を開設し、6階建ての病棟(55床)も新設。来年からは現病床と合わせて408床の態勢となる。(伊沢利幸)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ