PR

地方 地方

【平成のヒーローはこうして生まれた】薩摩剣士隼人(上) ぼっけもんの挑戦 誰もが楽しめるキャラ作ろう

Messenger

 もちろん、ヒーローは強くなければならない。鹿児島に伝わる剣術「示現流」の使い手とした。

 こうして平成22年9月、薩摩剣士隼人の着ぐるみが完成した。自分たちが理想とする鹿児島のヒーローがそこにいる。外山、原田、竹原は感動した。

 3人がオリジナルキャラを生み出すのは、これが初めてではなかった。

 × × ×

 外山が小学生のとき、あるテレビ番組が始まった。「秘密戦隊ゴレンジャー」。「スーパー戦隊シリーズ」の第一弾だった。

 個性豊かな5人の正義の味方、メカや必殺技、決めポーズ-。どれもが外山の心をわしづかみにした。

 中学2年で、漫画に登場するヒーローの着ぐるみを自作した。3年のときには、竹原ら5人で「正義戦隊ヒーローマン」を結成した。文化祭で、いじめ撲滅ショーを披露した。

 ヒーローは、常識人が驚く行動に出ることがある。外山もそうだった。高校卒業後、ツチノコや鹿児島県指宿市の池田湖にすむという「イッシー」など、未確認生物を追う探検活動を始めた。生計は露天商や日雇い労働で立てた。

 ユニークな活動が、鹿児島のテレビ局から注目されるようになった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ