PR

地方 地方

中日スカウトら、山梨学院を訪問 垣越「実感湧いた」

Messenger

 プロ野球のドラフト会議で山梨学院高校のエース・垣越建伸投手(18)を5位で指名した中日の松永幸男編成部長らが31日、あいさつのため山梨学院大キャンパス(甲府市酒折)を訪れた。

 八木智哉スカウトから中日の帽子をかぶせられた垣越投手は「今まではあまり実感がなかったが、だんだんと湧いてきた」とほっとした表情。「勝てるピッチャーが一番」「1年間を通して活躍できるようになるため、しっかり体力を作っていきたい」などと意気込みを訴えた。

 八木スカウトは「高校生で140キロ台の中盤を超える速球の左腕はなかなかいない。県大会でも力強い真っすぐのボールだと感じた」と魅力を強調した。

 さらに「小さくまとまると、垣越君の良いパフォーマンスが出せない。バランス良く詰めていければ一軍に行ける可能性が高くなる。中日の代表的な投手になりうると期待している」と語った。

 今後、仮契約に向けた交渉に入る。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ