PR

地方 地方

12月16日に全国高校生伝統文化フェス 京都ならではのおもてなし 府などが観覧者募集

Messenger

 「大切にしたい日本のこころ」をテーマに、伝統芸能の継承・発展に取り組む高校生の晴れ舞台「全国高校生伝統文化フェスティバル」が12月16日、京都コンサートホール(京都市左京区)で開催される。主催する文化庁と府、府高等学校文化連盟は観覧者を募集している。

 出場校は、郷土芸能(伝承系)▽同(和太鼓)▽日本音楽▽吟詠剣詩舞(けんしぶ)-の各部門に分かれ、実績に加えて地域性も加味し、企画委員会が選考した。

 郷土芸能部門(伝承系)は、観光PRのために台湾公演も行う秋田県立由利高校・民謡部▽東日本各地で復興支援活動を行う岩手県立北上翔南高校・鬼剣舞(おにけんばい)部▽全国高等学校総合文化祭に12年連続出場の新潟県立羽茂(はもち)高校・郷土芸能部▽教育関係のアトラクションなど年間40回の舞台に立つ沖縄県立南風原(はえばる)高校・郷土芸能部-の4校が出演する。

 さらに和太鼓部門では総文祭27回出場の日本福祉大付属高校(愛知)和太鼓部が、日本音楽部門では同11回出場の静岡県立三島北高校・箏曲部と、「邦楽のオーケストラ」を目指す徳島県立城東高校・邦楽部が出場。吟詠剣詩舞部門には長野県高等学校文化連盟・吟詠剣詩舞専門部が出演する。

 開催日前日の15日には府立南陽高校・マジック部が出演者らを歓迎し、当日は府立嵯峨野高校・狂言部と京都橘高校・太鼓部が歓迎プログラムに出演。府立洛西高校・書道部がフィナーレに「こころのメッセージ」を揮毫(きごう)する。

 また、これまで同フェスティバルと同時開催していた全国高校生茶道フェスティバルを規模を拡大して実施。府立北稜、府立嵯峨野、京都聖母学院、京都西山の各高校生が「おもてなし隊」を結成し、京都ならではのおもてなしを展開する。

 観覧希望者は郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入し、はがき・電話・ファクス・Eメールのいずれかで申し込む。11月16日必着。問い合わせ・申込先は〒550-8651日本郵便大阪西郵便局私書箱1号 全国高校生伝統文化フェスティバル運営事務局係(電)06・6562・5100。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ