PR

地方 地方

映像と音楽、遊歩道彩る マリーナホップでプロジェクションマッピング 広島

Messenger

 広島市西区の広島湾に面した大型商業施設「広島マリーナホップ」に31日、常設としては日本最長の、約160メートルのプロジェクションマッピングがお目見えする。

 多数のテナントが出店し、観覧車も備えた大型ショッピング施設で投影場所は敷地内沿岸部の遊歩道。さざ波や魚、カラフルな幾何学模様などの映像が音楽に合わせて変化。31日から毎日、日没から午後9時まで30分おきに投影する。

 同施設の経営母体、マリーナホッププロパティ(坂根紳也社長)によると、一昨年の「マリホ水族館」オープンなどを呼び水に近年は客足も伸長。今後は夜の人気スポットとしての成長も見込んでいるという。31日はハロウィーンイベントや花火も予定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ