PR

地方 地方

館林に県内初「アニメの聖地」 「宇宙よりも遠い場所」プレート設置へ

テレビアニメ「宇宙よりも遠い場所」((C)YORIMOI PARTNERS)
Messenger

 人気アニメのゆかりの地を観光資源として活用し、訪日観光客の誘致促進を目指す「アニメツーリズム協会」は、国内外のアニメファンの投票を参考に選んだ「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(平成31年版)」を発表。作品の舞台、モデルとなった場所や漫画家の記念館など88作品98カ所が選定され、県内では館林市が「宇宙(そら)よりも遠い場所」で初めて聖地になった。市はこれを契機に観光客誘致を加速し、地域活性化を図る。

 「宇宙よりも遠い場所」は今年1月から3月にかけて、AT-XやTOKYO MXなどで放映された人気テレビアニメ。

 館林市の女子高校に通う主人公が、南極で行方不明になった母親を捜す友人の女子高生とともに南極を目指すというストーリーで、作中には、東武館林駅周辺や本町通り、つつじが岡公園、茂林寺周辺が登場する。

 館林市は今後、アニメツーリズム協会に加入する予定で、協会から支給される聖地認定プレートや御朱印を市内に設置するという。

 東京都港区の六本木ヒルズで29日に開かれた発表会に出席した須藤和臣市長は「ファンの皆さんを中心とした関係人口の増加により、館林がアニメを通じて元気になるようバックアップをしていく」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ