PR

地方 地方

中国の輸入規制「緩和」「大きな朗報」宮城知事

Messenger

 東日本大震災発生に伴う東京電力福島第1原発事故以降、中国が続けてきた日本産の農林水産物などに対する輸入規制について、日中首脳会談で中国側が「科学的評価に基づき緩和することを積極的に考える」と表明したことに対して、村井嘉浩知事は29日の定例会見で「大きな朗報。希望が持てる内容だ」と語った。

 村井知事は「安倍晋三首相訪中の大きな成果の一つ。日本政府を挙げてこの問題を真摯(しんし)に考えていただいている証左」と発言。その上で、「来年には習近平国家主席が訪日するという話もあるようだ。そのタイミングでいいおみやげがあるのではないかと期待している」と述べた。

 中国政府は平成23年4月以降、日本からの食品などに対して、宮城や福島、東京など10都県からの輸入を停止、それ以外の道府県からも日本の当局が発行する産地証明書などの提出を求めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ