PR

地方 地方

甲府の中核市決定に市長「福祉・医療を一層推進」

Messenger

 政府は26日の閣議で、甲府市を来年4月1日付で中核市に指定することを決めた。山形、福井、大阪府寝屋川の3市も中核市に決まり、全国の中核市は58になる。飲食店の営業許可や、身体障害者手帳の交付などの権限が都道府県から移される。

 中核市は人口20万人以上が要件。甲府市は平成27年の国勢調査で人口約19万3千人だったが、特例市制度の廃止に伴う経過措置により、移行が可能となっている。県内で初の中核市となる。

 決定を受けて、樋口雄一市長は「大変、喜ばしく思う。中核市・甲府としての責務を果たしていく決意を新たにした。保健・福祉・医療が連携した施策を一層、推進する」などとコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ