PR

地方 地方

【春高バレー 宮城大会】男子は古川工、仙台育英順当 女子は聖和、尚絅などが8強

Messenger

 「春の高校バレー」として行われる第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会の出場権をかけた県予選会が25日、利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで開幕した。男女の1回戦計16試合が行われ、男子は仙台商、東北、古川工、仙台育英など、女子は古川学園、利府、聖和学園、尚絅(しょうけい)学院などがベスト8に進出した。26日は男女の準々決勝と準決勝が行われる。同日は秋田県予選会も開幕する。

 男子の1回戦で、初出場の加美農は白石工にストレートで敗れ、初戦突破はならなかった。

 県予選会の出場権は6月の県高校総体のベスト8に自動的に与えられるが、加美農は強豪の東北に8強入りを阻まれた。9月の1次予選で勝ち上がり、初めて出場権を獲得した。

 チームは古川工など有力校の胸を借りて練習試合を重ね、力をつけてきた。「たくさんの経験を積ませてもらった。その感謝の気持ちをプレーで表したかったが、焦りが出てしまったようだ」と飯坂敦子監督は振り返った。

 「力を出し切れなかった。来年も出場できるよう守りを鍛え直し、次は初戦を突破したい」と佐々木亮主将(2年)は誓った。

                   ◇

 ▽男子1回戦

 仙台商    2 25-9  0 柴田

          25-14  

 東北生文大高 2 25-13 1 東北学院

          23-25

          26-24

 仙台高専   2 30-28 1 石巻工

          28-30

          25-19

 東陵     2 25-13 0 仙台

          25-14

 古川工    2 25-13 0 仙台西

          25-15

 仙台育英   2 25-19 0 黒川

          25-23

 東北     2 25-9  0 明成

          25-9

 白石工    2 25-16 0 加美農

          25-10

 ▽女子1回戦

 古川学園    2 25-14 0 仙台商

           25-6

 聖ウルスラ英智 2 25-23 0 大崎中央

           25-20

 聖ドミニコ学院 2 25-22 0 仙台南

           25-13

 尚絅学院    2 25-12 0 仙台三

           25-7

 聖和学園    2 25-9  0 仙台三桜

           25-6

 常盤木学園   2 25-12 0 塩釜

           25-15

 明成      2 20-25 1 東北生文大高

           25-14

           25-19

 利府      2 25-6  0 仙台

           25-13

                   ◇

 主催 県バレーボール協会、県高体連、仙台放送、産経新聞社、サンケイスポーツ

 共催 県教育委員会

 主管 県高体連バレーボール専門部

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ