PR

地方 地方

香住で干物料理コンテスト決勝審査 新温泉・中尾さん「ハタバーグ」が最優秀賞

最優秀賞の中尾良平さん=香美町香住区
Messenger

 香美町が香住漁港で水揚げされる魚の干物をPRする「第3回香住の“ひもの”de料理コンテスト」の決勝審査会が、香住区の発酵食品会社「トキワ」であり、新温泉町職員の中尾良平さん(45)のハタハタを使った「あんかけハタバーグ」が見事、最優秀賞に選ばれた。

 今回は、応募のあった47点のうち1次審査(レシピ)を通過した5点が決勝(調理)に進んだ。審査会は21日にあり、福岡市などから5人が参加。うち神戸市の主婦、田中智子さん(80)は最高齢の決勝進出となった。

 参加者はハタハタやカレイなどの干物を使用し、4人分を3千円以内、50分以内の条件で調理し、出来上がった5品を浜上勇人町長らが「見栄え」「おいしさ」などで審査。審査委員長の料理研究家、杉立宏子さんは「全体に香美町の干物をよく分かっているレシピで、年々、レベルが向上している」と講評した。

 中尾さんの作品について「ハタハタを生でミキサーし、ハタハタの味が十分残り、ワサビをのせてさらにおいしくした」と高く評価。中尾さんは今回のコンテストに向けて7月頃から考え、初めての応募で「ヘルシーさにこだわり、素材で勝負しました。まさか最優秀賞になるとは思わなかった」と話した。

 他の入賞は次の通り。(敬称略)

 優秀賞=稲村幸子(福岡市)植田憲司(大阪市)▽敢闘賞=田中智子(神戸市)西浦美恵(同)▽香美ってるで賞=香美町地域おこし協力隊

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ