PR

地方 地方

140株可憐に 宮城県護国神社で「菊花展」、参拝客「きれい」

Messenger

 先の大戦などで命を落とした人々を慰霊する県護国神社(仙台市青葉区)の秋季大祭が23日、開かれた。菊の花を奉納する「菊花展」も神社境内で行われ、参拝客らは見事に咲いた140株の菊の花に「きれい」と口をそろえていた。

 同神社には県内や山形、福島など近隣県も含めて5万6092柱の戦没者の遺骨がまつられている。秋季大祭に合わせて開かれる恒例の菊花展には県内外から多くが訪れる。菊の名所として知られる柴田町の職人が菊を奉納するのが伝統だという。菊は11月中旬まで展示されている。

 神職の伊藤尚太さん(38)は「美しいお花を見て、神様も参拝する人も楽しんでもらえれば」と話し、旅行で訪れたという東京都の村上義治さん(89)は「とてもきれい。柴田町が菊の名所とは初めて知った」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ