PR

地方 地方

「ちばアクアラインマラソン」晴天の東京湾、1万6000人駆ける 応援36万人

アクアラインを走る大勢のランナー=21日、木更津市中島(橘川玲奈撮影)
Messenger

 木更津市と川崎市を結ぶ東京湾アクアラインの橋梁(きょうりょう)部を走る「ちばアクアラインマラソン2018」(県など主催)が21日、木更津、袖ケ浦両市で開かれた。秋晴れの空の下、ハーフやフルマラソン、車いすマラソンの参加者ら約1万6千人が東京湾を見晴らす橋上を駆け抜けた。

                   

 大会は2年に1度行われており、今回が4回目。ランナーは森田健作知事の号砲で木更津市の潮浜公園をスタート。2020年東京五輪・パラリンピックを目指すアスリートのほか、仮装して記念撮影したり、沿道の声援に手を振って応えたりするランナーの姿もあり、それぞれが思い思いのペースで楽しんだ。お笑い芸人の藤森慎吾さん(オリエンタルラジオ)やボビー・オロゴンさんもランナーとして参加。沿道やコース周辺のイベント会場には地元住民など約36万人が応援に駆けつけ、大会を盛り上げた。

 ハーフマラソンに夫婦で参加した東京都世田谷区の望月英樹さん(53)と淳子さん(52)は「天気にも恵まれ、スタートの盛り上げもあって気持ちよく走れた」と話し、ミッキーマウスの仮装で走りきった浦安市の鈴木幹也さん(52)は「沿道の子供の声援で元気が出た。アクアラインから見えた富士山もきれいだった」と満足した様子だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ