PR

地方 地方

極楽浄土へ二十五菩薩「お練り供養」 京都・泉涌寺塔頭の即成院で

大地蔵菩薩(左)を先頭にゆっくりと練り歩く二十五菩薩=京都市東山区
Messenger

 本尊阿弥陀如来が二十五菩薩を伴って人々を極楽浄土へと導く様子を表した「二十五菩薩お練り供養」が21日、京都市東山区の泉涌寺(せんにゅうじ)の塔頭(たっちゅう)、即成(そくじょう)院で行われた。

 本堂を来世・極楽浄土に、地蔵堂を現世に見立てて、その間に高さ約2メートル、長さ約60メートルの木製の橋を架け渡し、笙(しょう)や龍笛などを奏でる楽人や修験者をはじめ、色鮮やかな衣装をまとった稚児らが散華をしながら練り歩いた。

 続いて金色の菩薩面と金襴の装束をつけた25人の信徒が観世音菩薩や大勢至菩薩などの二十五菩薩にふんし、大地蔵菩薩を先頭にゆっくりと練り歩いた。一般公募に応じた小学生以上が菩薩にふんするという。橋の両端には触ると阿弥陀如来に願いが届くとされる五色のリボンがくくりつけられ、訪れた人はさかんに触っていた。練り供養を卒論のテーマに選んだという京都女子大史学科4回生の渡邉圭子さん(22)は、「私たちも極楽浄土にいることを実感できる法要」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ