PR

地方 地方

【春高バレー 山梨大会】日本航空、男女とも4強

優勝旗を県バレーボール協会の山田泰男会長に返還する女子・増穂商の清水捺未主将=20日、山梨県笛吹市(昌林龍一撮影)
Messenger

 「春の高校バレー」として来年1月に東京都内で開催される第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会(産経新聞社など主催)の県予選が20日、県立日川高校など4会場で開幕した。男子18校、女子29校の計47校が出場。20日は1回戦から準々決勝まで男子14試合、女子25試合が行われた。21日の準決勝は男子が日本航空-都留興譲館と甲府工-日川。女子は日本航空-増穂商、東海大甲府-甲府商の対決となる。(昌林龍一)

 県立笛吹高校の女子開会式では、昨年の優勝校・増穂商の清水捺未主将(3年)が県バレーボール協会の山田泰男会長に優勝旗を返還。山田会長はあいさつで「春高は全国のバレーボール選手のあこがれの大会。山梨県の小中学生も注目している。力を精いっぱい発揮してほしい」と選手らを激励した。

 準決勝と3位決定戦は21日、男女ともに南アルプス市桃園の櫛形総合体育館で開催。男女の5~8位決定戦は同日、笛吹高で行われる。

 決勝は28日、甲府市小瀬町の小瀬スポーツ公園武道館で行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ