PR

地方 地方

自転車点検して安全に利用を 高松で無料整備キャンペーン

Messenger

 自転車利用者に点検整備に関する意識を高めてもらおうと、高松市の商店街で18日、無料点検整備キャンペーンが行われた。「無料点検しています」との呼びかけに、往来する自転車利用者らは足を止め、“愛車”の状態を見てもらった。

 市内では、市民の交通手段として自転車が多く利用されているものの、点検整備に関する意識が低く、トラブルが起きて初めて整備の必要性に気づくという実態から、毎年、キャンペーンを実施している。

 キャンペーンは、商店街内の南部三町ドーム付近と片原町東部商店街東口付近の2カ所で実施。県自転車軽自動車商協同組合のメンバー15人が自転車の点検にあたり、市職員9人が自転車を安全に利用するための約束事などが書かれたチラシを配布した。

 片原町ではこの日、約120台を点検整備した。タイヤの空気量やブレーキの状態などを確認。必要に応じて、自転車販売店で部品交換するよう促した。点検終了時には、車体に点検シールを貼り付けた。

 毎日自転車に乗っているという高松市の50代の主婦は「今まで一度も点検したことがなかったのでいい機会になった」と話した。

 市の担当者は「整備不良による乗車中のトラブルから重大事故につながる恐れもある。日頃から点検する意識を持ってほしい」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ