PR

地方 地方

山梨知事選、1月27日投開票

Messenger

 県選挙管理委員会は16日、年明けの県知事選の日程を1月10日告示、27日投開票と決定した。甲府市長選、中央市、上野原市の両市議選と同日投票とする方向で、各市選管と調整する。

 後藤斎知事の任期は来年2月16日。県選管によると、公職選挙法では知事選、市町村長選は任期満了日前の30日以内に実施することになっている。日曜で候補となる1月20日、27日、2月3日、10日のうち、2月1日に樋口雄一市長が任期満了となる甲府市長選の日程などを考慮して決めた。

 知事選には先月、元参院議員の米長晴信氏(52)と元衆院議員の長崎幸太郎氏(50)、今月11日に後藤斎知事(61)が立候補を表明した。このほか、自民党県連が独自候補の擁立を目指し、同県連の白壁賢一県議(58)が出馬を検討している。共産党県委員会も擁立準備を進めている。

                   ◇

 ◆候補者選考会議 自民、22日に延期

 来年1月の知事選の候補者選考のため、自民党県連が19日に開催する予定だった県選出国会議員と県議団の合同会議が、22日に変更された。県連幹部が16日、明らかにした。県議会日程と重なったためという。

 また、知事選の出馬を検討する白壁賢一県議を支援する県議団が同日、出馬要請書を同氏に渡した。8人が署名した。

 長崎幸太郎元衆議員を推すグループも同日、要請文書に6人の県議が署名した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ