PR

地方 地方

群馬県民の警察官表彰式 「栄誉を励みに職務に邁進」

Messenger

 200万県民の暮らしと治安を守るため昼夜、地道な活動を続ける警察官を表彰する「第42回群馬県民の警察官表彰式」(産経新聞社主催)が13日、前橋市大手町の群馬会館で行われた。栄誉に輝いたのは安中署地域課総務係長、古藤親房(ことう・ちかふさ)警部補(57)▽安中署刑事課総務係長、福田亘(わたる)警部補(57)▽伊勢崎署生活安全課生活安全係長、東宮忠行(とうみや・ただゆき)警部補(57)。3氏には「県民の警察官章」と表彰状などが贈られた。 (糸魚川千尋)

                   ◇

 表彰式では産経新聞社の船津寛地方部長が「住民の財産・生命を守る警察官の労苦に少しでも報いたいと制定された表彰。警察官の姿を広く知ってもらうことが、県民の安心安全、犯罪防止にもつながると確信している」とあいさつ。礼服に身を包んだ3氏に「県民の警察官章」が授与されると、盛大な拍手が送られた。

 来賓として大沢正明知事の祝辞を五十嵐優子県生活文化スポーツ部長が代読。「刑法犯認知件数は13年連続で減少しているものの、高齢者を狙った特殊詐欺や、子供や女性に対する犯罪が後を絶たず、悲惨な交通事故も発生している。振り込め詐欺やサイバー犯罪など巧妙化した手口も出現しており、皆様にはこれまで培ってきた知識と経験を存分に発揮し、一層尽力してほしい」と述べた。

 続いて橋爪洋介県議会議長は、自身が通っていた小学校の隣に交番があり、自転車を盗まれた際に相談に行ったエピソードを披露。

 「交番の皆さんが優しく接してくれたことが子供心にうれしかった」と話し、「皆さんの仕事ぶりが評価されたことは、県民の1人として大変喜ばしい。これからも地域社会の安心安全のため一生懸命に働いてほしい」と述べた。

 松坂規(のり)生(お)県警本部長は「『県民の警察官』と称されることは、日夜治安の最前線に立つ警察官にとって、この上なく名誉なこと。受章された皆さんには、今日の感激を片時も忘れることなく、なお一層の精進に努めていただきたい」と激励し、栗生俊一警察庁長官からのメッセージも伝達された。

 最後に受章者を代表して古藤警部補が「これまで県民の皆様の信頼と協力の下、治安維持のために職務に励んできた。本日の栄誉を心の励みとして、安心安全を誇れる群馬県を実現するため、引き続き職務に邁進(まいしん)していきたい」と決意を表明。3氏を支え続けてきた夫人には、感謝とねぎらいを込め花束が贈呈された。

                   ◇

 ◆喜びの声

 古藤親房警部補「まさか受章できるとは思っていなかった。身に余る栄誉であり、後輩の励みになると思います」

 悦子夫人「警察官として努力してきたのだなと感じました。今後も県民のために頑張ってほしいです」

 福田亘警部補「誠に光栄なこと。これを名誉として、これからも一層精進していきたいです」

 幸美(ゆきみ)夫人「大変名誉なことで誇らしく思います。今後も健康に注意して無事にお勤めしてほしい」

 東宮忠行警部補「定年まで市民の安心安全のために頑張りたい。1件でも多く違法風俗店を検挙して町の治安維持に努めていきたいです」

 鈴子(れいこ)夫人「これからも健康に注意して、県民の安心安全のため長く職務に励んでほしいです」

                   ◇

 ■県警音楽隊が華麗な演奏で祝福

 表彰式には県警音楽隊も駆けつけ、華麗な演奏で花を添えた。長年、最前線で県民の安全を守ってきた3氏に敬意を込め、華々しく迫力のある「NHK大河ドラマ西郷どんメインテーマ」▽長寿番組「小さな旅」(NHK)のテーマ曲で、情緒あふれる「光と風の四季」▽幅広い年代から愛される坂本九さんの名曲「見上げてごらん夜の星を」-の3曲を奏で、晴れの日を祝福。演奏が終わると、来場者から大きな拍手が送られた。

                   ◇

 【来賓】大沢正明知事(代理・五十嵐優子・県生活文化スポーツ部長)▽橋爪洋介・県議会議長

 【選考委員】宇敷正・県公安委員長▽笠原寛・県教育委員会教育長▽町田錦一郎・県交通安全協会理事長(代理・岡田正弘専務理事)▽河本榮一・ぐんま警察官友の会会長▽朝倉節子・県更生保護女性連盟会長

 【協賛企業・団体関係】小板橋信也・群馬銀行執行役員総務部長▽及川朋春・NTT東日本群馬支店渉外担当調査役▽小倉正美・JR東日本高崎支社総務部調査役▽山田賢司・メモリード本社総務部参事▽星野修・群馬綜合ガードシステム総務部長▽上原敬三・東京ガス群馬支社広報課長▽関口賢一・群馬県産経会会長

 【県警関係】松坂規生・本部長▽中村典義・警務部長▽高井篤・首席監察官▽須田春治・安中署長▽岡田浩・伊勢崎署長

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ