PR

地方 地方

「拉致被害者救出に署名を」 救う会山形、山形市に要望

拉致被害者救出に向け、佐藤孝弘山形市長(右)に市職員への署名を要望する「救う会山形」の斎藤純一代表=11日、山形市役所(柏崎幸三撮影)
Messenger

 「北朝鮮による日本人拉致被害者を救出する山形の会(救う会山形)」(斎藤純一代表)は11日、山形市役所を訪れ、佐藤孝弘市長に拉致被害者を救出するため、市職員に署名を求める要望書を提出した。

 県内には政府が認定する拉致被害者はいないが、特定失踪者問題調査会によると、北朝鮮に拉致された可能性が排除できない特定失踪者に、布施範行さん=昭和52年の失踪当時(23)、斎藤武さん=同58年の失踪当時(38)、大宮のぶ子さん=平成3年の失踪当時(36)=の3人と、非公開だが拉致された可能性の高い9人を含め12人がいる。

 斎藤代表は「このまま放置していたら、永久に帰ってこない可能性が高い。菅官房長官が拉致問題を兼務するいま、地方行政のトップや職員にも拉致問題に関心をもってもらうよう署名をお願いしたい」と述べた。

 佐藤市長は「拉致被害者の問題は大事な問題。市民レベルで後押ししていくためにも、市でも職員の署名を集め、政府に訴えていきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ