PR

地方 地方

福島県知事選告示 現新4氏が立候補 内堀氏の1期目評価が争点

雨の中、候補者の第一声に耳を傾ける有権者ら=11日、福島市内(内田優作撮影)
Messenger

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から7年7カ月、なお続く避難住民への支援や避難解除後のまちづくり、人口減対策などにどう対処するのか。11日告示された県知事選には予想の4氏が届け出を済ませ街頭や住宅街を回り、政策を訴えた。復興政策を中心とした現職の1期目への評価が主な争点となる。投開票は28日。

 4候補は再選を目指す現職の内堀雅雄氏(54)と、いずれも新人で自営業の金山屯氏(78)、IT関連会社社長の高橋翔氏(30)、共産党県委員長、町田和史氏(42)=共産推薦。共産以外の与野党が相乗りで支える内堀氏に対し、組織に頼らない金山、高橋両氏と福島からの原発ゼロを訴える町田氏の3人が挑む構図。

 内堀氏は福島市中心部で第一声。福島県は複合災害に直面しているとして「戦いは長い。この重いミッションを頭の真ん中に置いて挑戦していく」と訴えた。

 県庁の郡山市への移転や郷土史教育推進を主張する金山氏は「郡山市を中心にして、県庁を移すことで、輝ける未来の平和都市建設を目指す」と主張した。

 ベンチャー起業への支援強化や県庁内の意識改革を掲げる高橋氏は、若年層をターゲットに据え「インターネットを駆使し情報発信を続ける」と呼びかけた。

 JR福島駅前で第一声の町田氏は、第1原発で発生する処理水の海洋放出反対を唱え、「トップダウンではなく、ボトムアップの県政に切り替える」と訴えた。

 10日現在の選挙人名簿登録者数は、161万4374人(男78万6496人、女82万7878人)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ