PR

地方 地方

違法風俗街からアートの街へ 「黄金町バザール」28日まで 神奈川

かつて違法風俗店だった建物を活用してアート作品を展示している=横浜市(王美慧撮影)
Messenger

 違法風俗街からアートの街へと再生を図る横浜市の黄金町地区で、恒例のアートイベント「黄金町バザール2018-フライング・スーパーマーケット」が行われている。28日まで。京急電鉄日ノ出町駅-黄金町駅間の高架下を中心に、国際色豊かなアーティストの個性的な作品が街を埋め尽くしている。

 11回目となった今回は、7カ国37組のアーティストが参加し、アート作品の展示に限らず、野外映画上映やガイドツアーを実施するなど、多彩なアートが披露されている。

 26、27日には開場時間を午後8時まで延長した「ナイトバザール」も開催する。黄金町バザールのディレクター、山野真悟さんは「黄金町エリアの再生は、まだ道半ば。バザールを開催することで、改めて活動を続けなければならないと感じている」と話した。

 午前11時~午後6時半。定休日は月曜日。会期中有効なフリーパスは700円(高校生以下無料)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ