PR

地方 地方

真岡新庁舎建設の安全祈願 市長「新たなシンボルに」

安全祈願祭
Messenger

 真岡市役所の新庁舎建設工事に伴う安全祈願祭と起工式が11日、同市荒町の現庁舎隣の県芳賀庁舎跡地で開かれた。石坂真一市長ら市関係者や建設業関係者が出席し、平成32年度中の開庁を目指す工事の安全を祈った。

 新庁舎は敷地約1万4千平方メートルに、地上5階建ての計画で、太陽光を利用した自然エネルギーの活用など環境への配慮や、防災・災害復興の拠点としての機能を充実させる。

 石坂市長は「新庁舎は市の新たなシンボルとして長い期間市民に愛され、利用され続けるものでなくてはならない。周辺ににぎわいを創出していきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ