PR

地方 地方

カヌー指導で生徒らと交流 ハンガリー選手団、坂出の中学訪問

ハンガリーの選手やコーチらから指導を受けるカヌー部の生徒=坂出市
Messenger

 香川県坂出市の府中湖カヌー競技場で2020年東京五輪に向けて事前合宿中のハンガリーカヌースプリントチームが、地元の中学校カヌー部を訪問。陸上でのトレーニング指導を通して生徒らと交流した。

 県と坂出市は、6月にハンガリーカヌー連盟と同競技場での事前合宿に関する覚書を締結。同チームが同競技場を優先的に使えるよう調整することや、選手らと地元の住民らが可能な限り交流することなどを定めているという。

 10日は、県内でも珍しいカヌー部のある市立白峰中学校(国木良輝校長)を選手6人、スタッフ7人が訪問。部員15人を前にカヌー・スプリント用のトレーニング器具を使ってお手本を見せた後、生徒らに「前を向いて」「体をひねって」などカヌーの基本的な動きを指導した。

 2年生の谷本夢乃さんは「めったにない機会でうれしい。優しく指導してくれて感動した」と声を弾ませていた。

 同チームの事前合宿は13日まで行われる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ