PR

地方 地方

北信越高校野球 日本文理、小松商と初戦 新潟南は遊学館

Messenger

 第139回北信越地区高校野球大会(同地区高野連主催)の開会式が12日、三条市の三条パール金属スタジアムで開かれる。組み合わせ抽選会は既に行われ、出場16校の初戦の相手が決まっている。1回戦の8試合は13日、同スタジアムなど3球場で行われ、県大会で優勝した日本文理は小松商(石川3位)、準優勝の新潟南は遊学館(石川2位)、3位の関根学園は星稜(石川1位)、4位の帝京長岡は上田西(長野1位)と対戦する。

 大会には開催地の新潟から4校、長野、富山、石川、福井の各県から3校が出場。決勝は21日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアム新潟で予定されている。

 大会の成績は、来春の選抜高校野球大会の出場校を選ぶ重要資料となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ