PR

地方 地方

新潟市内の全小学校 通学路の緊急点検完了 女児殺害受け 市教委、中旬にも報告書

Messenger

 新潟市西区で小学2年の女児が殺害された事件を受け、市内の全小学校で行われていた通学路の緊急点検が、10日に全て完了したことが分かった。点検では人通りの少ない場所や事故が発生しやすい場所など、通学路上の危険な箇所が明らかとなり、同市教育委員会は各学校の点検結果の集計を急ぐとともに、再発防止に向けた態勢作りを進めている。(太田泰)

                   ◇

 緊急点検はこれまで、(1)学校関係者などによる緊急合同総点検会議の開催、危険場所の洗い出し(2)夏休み中の保護者、児童たちによる通学路の確認(3)学校や自治会、県警関係者らによる現地の確認-の3手順で、市内の全106の小学校で進められていた。

 点検の完了を受け、市教委は通学路で対策が必要な場所や、それらの対策方法など、緊急点検から明らかになった結果をまとめた上で、今月中旬に文部科学省へ報告書を提出する予定。また、各学校は保護者らへ通学路の安全マップを配布するほか、市教委としても児童の見守りを行うボランティア団体「子ども見守り隊」へ態勢強化を要望することも検討している。

 市教委学校支援課の担当者は「結果を受けて行政としても関係各課、関係機関と連携しながら、安全安心な登下校ができるよう対策に努めていきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ