PR

地方 地方

神戸・旧居留地を中華一色に 13、14日「南京町150年記念」名店ずらり

イベントに向け、意気込みを見せる中華料理店のシェフら=神戸市中央区
Messenger

 神戸市中央区の中華街「南京町」誕生から今年で「150年」を迎えたことを記念し、同区の旧居留地で13、14の両日、中華料理で街を盛り上げるイベント「神戸美食全席 KOBE 満福キッチン」が開かれる。神戸の名店が出店するほか、シェフの調理実演もあり、実行委員会は「これだけの名店やシェフが集まるのは奇跡。存分に楽しんで」とPRしている。

 南京町は、神戸開港に伴いできた外国人居留地そばに中国人が店を開くなどして始まったとされる。昨年の開港150年に続き、今年は官民で「南京町生誕150年記念事業」を進めており、目玉として今回のイベントを企画した。

 イベントでは大丸神戸店東側の明石町筋沿いに、「東天閣」や「第一楼」といった神戸の有名中華料理店などが出店。調理の実演は両日とも行われ、14日はテレビ番組「料理の鉄人」にも出演した宮沢薫シェフら有名シェフ2人が登場する。調理後は先着50人に料理を販売するといい、宮沢シェフは「中華は豪快な火力のイメージがあるが実は一番繊細な料理。料理法を見せたい」と意気込む。

 周辺のステージでは、龍舞演舞や中国民族楽器の演奏なども行われるといい、曹英生・実行委員長は「旧居留地を中華一色に染めたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ