PR

地方 地方

「日本の酒」の魅力や外国人への勧め方…千葉で東京国税局などがセミナー

訪日外国人に国産酒類の魅力を伝える方法を学ぶ「酒セミナーin千葉」で利き酒体験を楽しむ参加者ら=千葉市中央区の三井ガーデンホテル千葉(長谷裕太撮影)
Messenger

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、増加が見込まれる訪日外国人への効果的な「日本の酒」の勧め方を学んでもらおうと、東京国税局などは9日、千葉市中央区の三井ガーデンホテル千葉で「酒セミナーin千葉」を開いた。

 セミナーには県内の旅館やホテルの関係者ら約40人が参加。酒類業者に販売などに関する指導を行う同局酒類業調整官らが講師となり、日本酒や国産ワインの歴史、料理との合わせ方、ラベルの表示制度などについて説明した。セミナーの最後には県産の地酒を使っての利き酒体験も行われた。

 セミナーに参加した京成ホテルミラマーレ(同区)従業員の田代悠也さん(20)は「深く掘り下げた説明で、国産酒類の魅力を再確認できた」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ブランドコンテンツ